借金の支払い

借金が支払えなくならない程度に借り入れを利用するコツがある

借金の総額や収入の状態によって選択が分かれる

カードローンなどの返済で新たな金融会社で借りては返すような自転車操業の時点では自力での完済は難しくなります。そんな状態に視野に置きたいのが任意整理や民事再生、自己破産などの債務整理です。

 

債務整理は抱えている借金の総額や支払い能力によっても選択が分かれます。任意整理は弁護士や司法書士などを介して整理する方法で、裁判所を通さず金融会社と直に交渉し、和解をする方法です。長期で利用している方は大幅に減額することも可能ですが、金融会社との交渉によっては時間も掛かり、和解に至らない場合もあります。

 

また、約3年を目処に和解案に基づいて弁済することもあり、安定した収入が条件になります。この任意整理は金融会社との交渉によるものですが、裁判所を介する方法に特定調停もあります。

 

また、マイホームを処分せずに債務整理することも可能で、この場合は民事再生の選択となります。5分の1から10分の1まで債務を減額することができ、マイホームなどの高額な財産を残すことができます。

 

これら任意整理や特定調停、民事再生に共通することは債務を減額して、調停・和解案に従って弁済する義務が生じる点です。しかし、支払う能力がない場合などは自己破産の選択をとることになります。返済不能の状態であることを裁判所に認めてもらい、かつ免責決定を受けて借金ゼロとなります。

返済が出来ないならそのままにするのは良くありませんので、なるべく早めに払えない返せないお金の相談をしておきましょう。